化粧水が浸透しない原因はこれ!その理由とあなたがやるべきこととは!?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ここでは化粧水が浸透しない原因を解説しています。
なぜ化粧水が浸透しないのでしょうか。
その理由は非常に単純な原因があったのです。

【初めに】外からの水分は中まで浸透しない

まず第一に化粧水は肌の奥底まで浸透する事がありません。

ですから保湿化粧水といえど、保湿効果を期待する事はできないということを覚えておいてください。

ですが保湿化粧水にも効果はあります。

それはメイクでいう化粧下地のようなもの。

肌の調子を整え、化粧水の次に使うであろう美容成分の浸透効果を高めるという事は期待できます。

 

「化粧水は奥まで浸透しない」という事を前提に以下の説明を読み進めていってくださいね。

 

化粧水が浸透しない原因

外からの水分は逆に乾燥する

上記では化粧水は下地効果のみ期待できると説明しました。

ですがその反面、化粧水が蒸発する際、もともと肌に合った水分も一緒に蒸発してしまうというデメリットも存在します。

つまり、外から与えた水分は意味がなく逆に乾燥してしまう原因にもなるという事です。

お風呂上りには肌が乾燥しますよね。
お風呂はただの水。
そして残念なことに保湿化粧水もほとんどの成分がただの水。
加えて保湿成分も水に近いものがあります。
ですから、化粧水を加えるということはお風呂上がりの状態に限りなく近づいてしまうという事です。

その結果、逆に乾燥してしまうのです。

次回更新>>>化粧水で逆に乾燥する理由

 

 

油分があるから

皮膚は皮脂という油分を分泌しています。

この皮脂は、水分を逃がさない働きや外的刺激から守る働きを担っている油です。

この油があるため、外から加えた水分を弾いてしまうためなかなか浸透しないのです。

ちなみに化粧水の前に乳液を塗っても浸透しません。

カサカサ肌に油分たっぷりの乳液は効果的ですが、使い方にも注意点があるので以下の記事はご参照ください。

関連記事>>>化粧水と乳液の違い!注意点を守らないと思わぬ肌トラブルを招くかも

 

古い角質やメイク残り

古い角質やメイク残りは、壁となってしまいます。

この壁は水分を通さないどころか、美容成分も阻害してしまうため、あまり良いものとは言えません。

メイク残りに関しては、その汚れが毛穴詰まりとなり、鼻のボツボツとなって現れてしまうこともあります。
またメイク残りの刺激により、その部分にメラニンが生成され、色素沈着してしまう可能性もあるのです。

古い角質がどんどん溜まってしまうと角質肥厚と言って、角質が分厚くなってしまう症状が現れます。
これもまた美容成分が肌に浸透しづらくなってしまう原因です。

また角質肥厚は、見た目の血色も悪く、とても美しいものとは言えないので肌の生まれかわりサイクル(ターンオーバー)の正常化をしていかなければなりません。

詳しくは後述。

 

化粧水を塗るタイミングが悪い

化粧水を塗るにもタイミングがあります。

日中の脂ぎっている肌や、汚れが溜まっている肌に化粧水をにても浸透効果は薄いです。

一番効果的なタイミングはお風呂上がりの汚れが全て取れた就寝前が一番効果的。

その理由は上記でも説明した通り、汚れや油の壁が綺麗さっぱりなくなっているからです。

次回更新>>>化粧水を塗るタイミングはココ!どうせ塗るなら最高に保湿しなくちゃ!

 

保湿化粧水よりバリアの方が大切

人間の肌にはバリア機能が働いています。

このバリア機能があるからこそ、紫外線や摩擦などのダメージから守り、綺麗な肌を維持する事ができます。
また、このバリア機能は人間の内側に存在する水分を逃がさない働きも担っているのです。

このバリア機能は

  1. 皮脂
  2. セラミド

この2つの成分が担っています。

皮脂は前述した通り。

皮脂は油ですから一番外側に存在するバリア機能です。

セラミドは皮膚に存在するバリア機能。
セラミドはスカスカの肌の隙間をピタリと埋めることができる成分で、内側の水分を逃しません。

このセラミドがあるからこそ、水分の蒸発を防ぎ、人間の内側の水分を効果的に保持する事ができるのです。
さらに、肌のキメも細かくなるために体も非常に美しく見えます。

この2つのバリアにより私たちの肌が美しく綺麗に保たれています。

皮脂は自然に分泌されるものですが、セラミドは年々失われていくもの。

このセラミドが足りないこそ、私たちは化粧水を使い水分を足そうとしてしまいます。

しかしこれは大きな間違い。

水分を足したいのであれば化粧水で水分を足すのでは無く、セラミドというバリア機能を足さなければならないのです。

 

水分を浸透させるのでは無く守ることが重要

ここまで説明したことをまとめると、普通の化粧水は水分も道連れに蒸発してしまうため、足しても意味がないということが分かりました。
また、蒸発を防ぐにはセラミドが重要で、セラミドがあれば肌の水分を保つことができる。ということでしたね。

そこであなたが行わなければならないことは、「保湿化粧水が浸透しないという考え方」「乾燥したら保湿化粧水を使う」というのをやめることから始めなければなりません。

そもそも保湿化粧水は奥まで浸透しませんし、逆に乾燥してしまいますから。

浸透させたいという事は要するに、保湿したいという事ですよね?

それには、肌にセラミドを足さなければなりません。

肌にセラミドを増やすことで、防御力が増します。
この防御力が高まることで、内側の水分を逃がさなくなるのです。

人間の体は70%以上の水分があるので、セラミドを増やし、防御力を上げるだけで格段に肌の水分量は上がり、段違いに潤ってきます。

逆に、セラミドがなく、肌がスカスカの状態で水分を足しても、すぐに蒸発してしまいますし、意味がありませんよね。

ですから、あなたは化粧水を浸透させるのでは無く、セラミドで水分を守るということを徹底していかなければならないのです。

そこで、ポイントとなってくるのが保湿化粧水ではなくセラミド化粧水です。

セラミド化粧水は、保湿成分だけではなく、「セラミド」を配合しているので、防御力も高めることができます。

ですから、通常の保湿化粧水ではなく、セラミド化粧水の使用をオススメします。

次回更新>>>セラミド化粧水の効果!意味のない化粧水を使うのは今日で終わり

 

お米の化粧水なら!

上記で説明したセラミド化粧水は、あくまでも一時的に人工的なセラミドを足すだけ。ですから、たしかに保水力は長いものの、時間がたてば再びセラミド化粧水を使わなければ乾燥してしまいます。

そこでお米の化粧水を使用してみてください。

お米の化粧水に含まれているライスパワーNo.11という成分は、セラミドを自生させる効果があります。
お米の化粧水を使用し続けることで、セラミドが増え続け、常に保水している状態を作り上げることができるのです。

 

注意
ライスパワーにも種類があるので気を付けてください。
セラミドを増やす効果は「ライスパワーNo.11」です。
他のライスパワーと間違えないようにしてください。
次回更新>>>ライスパワーの種類とそれぞれの効果!保湿するために必要なのはこのライスパワー

 

このライスパワーNo.11が配合されているお米の化粧水でセラミドをグングン増やすことができます。

それにより乾燥肌を改善する事ができます。

それどころか、水分が増えることにより、皮脂の分泌も正常化します。
皮脂の分泌が正常化する事で油を適正な量に保つことができます。
そうなると乳液も必要ありませんし、化粧水も持ち歩く必要はありません。
そして、カサカサ肌を防いだり、逆に過剰油分も防ぐことができるのです。

関連記事>>>セラミドを増やす方法はお米の化粧水しかない!その理由と最高の化粧水とは

 

お米の化粧水でセラミドを増やすことはいいことばかりなのです。

簡単に言えばセラミドが増えさえすれば、全てのお肌の問題を解決できるという事なんですね。

次のページでは、今売れている最も効果のあるお米の化粧水おすすめランキングを紹介しています。

化粧水が浸透しなくて保湿できない。と困っている方は、お米の化粧水でセラミドを増やしてくださいね。

昔のように潤う肌を簡単に取り戻すことができます。

次回更新>>>お米の化粧水おすすめランキング!意味のない化粧水を使うのは今日で終わり

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA