肌断食中の日焼け止めはどうする?そのまっさらな素肌を守る方法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

肌断食中は、スキンケアはおろか肌に何も与えていませんよね。そんな中、日焼け止めを塗るのも躊躇してしまいます。では、肌断食中の日焼け止めはどうすればよいのでしょうか?

そもそも肌断食をしている理由は?

美肌目的だったらやめてください。

肌断食は肌の調子を見極めるためにするものです。

肌断食をする事でオイリー肌だという事を認識すれば、油分の少ないスキンケアをする事に気づきます。

また、肌断食をする前と肌断食をしている最中の乾燥具合を見極め、油分が足りないのかを判断する。

このように肌断食を使用するものです。

美肌目的に断食をしている人はやめましょう。
このような方は、今すぐに日焼け止めを使ってOKです。

肌断食中に使う日焼けどめの注意点

界面活性剤に注意

界面活性剤は紫外線を反射するので、大きな日焼け止め効果がありますが、通常の日焼け止めには界面活性剤が入っているので使用は控えましょう。
これではせっかく肌断食をしている意味もなくなってしまいます。

石鹸で洗い流せるもの

落ちない日焼け止めはクレンジングするしかありません。しかしクレンジングはバリア機能を破壊してしまうので、肌断食の意味も失われてしまいます。
肌断食は本来、人間の自然治癒の力を引き出すもの。
石鹸で洗い流せる日焼け止めを使用しましょう。

肌断食中にできる日焼け対策

日焼けどめと下地を両立できるもの

簡単に洗い流せるものがおすすめ。

石鹸で洗い流せる日焼け止め

どうしても日焼け止めを使う場合は天然100%の日焼け止めを使用してください。
もちろん石鹸で洗い流せるものです。

サプリという方法

日焼け止めは何も塗るだけではありません。飲んで紫外線対策をする事もできるのです。

アームカバー、または長袖

日傘

帽子

日焼け止めは肌の負担が大きい

せっかく肌断食をしているのですから、できれば日焼けどめは避けたいですよね。

上記の方法の中ではサプリや日傘長袖帽子などがおすすめです。

外出しないのが一番良いのですが、どうしても断れない予定もあるかもしれません。
そのような時は上記の方法を試してみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA