肌断食でニキビが悪化する理由!ニキビが治る人治らない人の違い

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

肌断食をするとニキビが悪化する人、そして肌断食でニキビが治る人、この両者が現れます。その違いは何なのでしょうか。情報を鵜呑みにして肌断食をするとニキビが直らないどころか悪化してしまう原因にもなります。ニキビに悩んでいて肌断食をしようとしている人は以下の記事をお読みください。

ニキビができる原因は毛穴の詰まり

肌には毛穴があり、毛穴は皮脂を分泌しています。
ところが、皮脂がうまく外に排出されなくなり、毛穴を塞ぎ詰まらせてしまうと、ニキビや角栓といった状態になってしまいます。

 

ニキビ治療は詰まりを破壊する

にきびを治療する際は、毛穴の出口を塞いでいる角質層を一旦破壊します。
破壊する事により中にたまっていた皮脂は排出されニキビが一時的に治るのです。
ただしここで明暗が分れます。

ニキビ治療により角質層を破壊したと人間の治癒力により再び正常な毛穴に戻り、何事もなかったような肌に戻ります。

ところが、治療により破壊された角質層がうまく再生されず再び毛穴をふさいでしまうことがあります。
これがニキビがなかなか治らない人のメカニズムです。

肌断食でニキビが治るメカニズム

上記で説明したように、ニキビは一旦、肌組織を破壊する事にあります。

シンプルに言えば、肌にダメージを与えている事になります。

肌断食をする事により、皮膚はダメージを受けないので、人間本来が持っている自然治癒力によりニキビが改善するのです。

 

肌断食でニキビが治る人

今までのニキビ治療が過剰だった人は肌断食でニキビが改善します。
つまりニキビ治療が逆にマイナス要素であったため、これを止めたら、人間の自然治癒によりニキビが改善していたという事ですね。
ニキビ治療により角質層を破壊し、再び臭いでしまうという悪循環から脱出したということです。

肌断食でニキビが治らない人

逆にニキビが治らない人は、ニキビの原因を治療でなくさなければならないのに、その治療を肌断食により辞めてしまう人です。
治療していてもなかなかニキビが治らない人は、それは適切な治療ではないということです。

ニキビ治療していて治らない人は、肌断食をするのでは無く、ニキビ治療の方法を変えていかなければなりません。

あなたのニキビば肌断食で治る肌?

ニキビ治療がなかなかうまくいかないという人は、一旦肌断食に踏み切ってもよいでしょう。
それでニキビが治るようであれば、今までの治療方法が悪かったという事です。

また、ニキビが悪化する人は、別の治療法をすぐに探さなければなりません。

 

肌断食するなら洗顔はしっかりしよう

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA