肌断食時は洗顔を正しく行おう!誰でも分かる肌断食時の洗顔方法とは

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

肌断食をしている最中は、人間本来の肌の力を引き出すために、洗顔にも気を付けなければなりません。

普段通り洗顔をしてしまうと、逆に肌の調子をおかしくしてしまい、本来の肌断食の効果を得ることができません。

そこで本記事では、肌断食をしている時の正しい洗顔方法を解説しています。

肌断食中の洗顔は正しく行わなければならない理由

通常、洗顔後には保湿成分を肌に与え水分を逃がさないようにします。

ですが肌断食中は、何も与えないことで自分が水分を逃しやすい肌なのか、また保水できる肌なのかを判断する事ができます。

洗顔後に肌が乾燥するのであれば、あなたはセラミド少なくバリア機能がうまく働いていないという事が分かります。

ですが、誤った洗顔をしてしまうと、本来肌にあるはずの皮脂を余計に洗い流してしまったり、傷付けてしまう場合があります。

そうなってしまうと自分の肌の状態を正しく判断する事ができなくなってしまうのです。

ですから、肌断食中の洗顔は正しく行わなければならないのです。

では上記の事を踏まえ肌断食中の洗顔方法を見ていきましょう。

肌断食中の洗顔方法

お湯の温度

お湯の温度はぬるめに設定してください。

具体的な温度は、30℃~35度の間が好ましいです。

この温度のお湯を洗面器にためておきましょう。

優しく洗う

洗面器にためたぬるま湯を両手ですくい洗顔を始めます。

この時に注意しなければならないのは、手でゴシゴシ擦ってしまうという事。
ゴシゴシ洗うことで、肌の組織は壊れ、余計に水分を逃しやすくなってしまいます。

肌断食をしていないのであれば洗顔後、美容成分を与えるので必要な成分が洗い流されてしまっても問題ありません。
ですが、肌断食中は美容成分を与えないので、慎重に行いましょう。

一番良い方法は手が顔に触れないギリギリのところで洗うことです。

注意
シャワーで直接顔を洗うことは禁物。
シャワーの水圧が強すぎて、肌に必要なものも余計に流れ落ちてしまうからです。

メイクをしている場合

メイクを落とす場合は、決してクレンジングや洗顔料使ってはいけません。
お湯だけで落ちないメイクは、純石鹸で対応してください。
メイクが落ちにくい場合は押し洗いをしましょう。

純石鹸は、肌のバリアを壊す界面活性剤やパラベンが含まれていません。
肌断食中に最適の石鹸と言えるでしょう。

指先で気になる部分をチェック

ここがうまく洗えていないなと認識できる部分があったら綺麗に洗いましょう。

タオルで優しく水分をとる

タオルで顔の水分を拭くというよりは、タオルを押し当てて優しく水分を取るようにしてください。

ここでしっかりと水分を取り除いておかないと、余計に乾燥してしまいます。
その理由は水分が蒸発する際、もともと皮膚にあった水分も一緒に蒸発してしまうからです。
これはセラミドは入っていない化粧水も同じことがいえます。

関連記事>>>化粧水で逆に乾燥する原因と理由!本当は怖い化粧水の仕組み

肌断食中は、上記の方法で洗顔をしてください。
くれぐれも強くこすったり、しないでくださいね。

シャンプーやリンスが顔につかないように!

肌断食は、余計なものを一切与えないことが大切。

ですから、シャンプーやリンスが顔についてもいけません。
せっかく肌断食をしているのにシャンプーやリンスの成分が、肌断食を失敗に追い込んでしまいますから。

シャンプーをするのであれば、絶対に顔につかないように。
または湯シャンをオススメします。

肌断食中の洗顔Q&A

洗顔の回数は?

起床時と夜に行いましょう。
もちろん、方法は上記に書いた通りでOKです。

メイクはどのようなものを使えば良い?

メイクはクレンジングを使わずに落とせるものを使用してください。
ミネラルファンデなどがおすすめです。

まとめ
洗顔は肌断食をしているしていないにかかわらず、肌を傷付けやすい行為です。

ですから特に肌断食中は気を付けて洗顔をしてください。

シャンプーが顔についてしまうということは意外と盲点なので注意してくださいね。

洗顔時はとにかくダメージを与えないこと。

これを常に考え肌断食中は、洗顔をしてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA