ライスパワーの種類の違いは?保湿するために必要なのはこのライスパワー

WRITER
 
ライスパワーの種類の違いは?保湿するために必要なのはこのライスパワー
この記事を書いている人 - WRITER -

ライスパワーの種類はそれぞれあり、その種類によって効果に違いがあります。

本記事ではライスパワーの種類の違いを解説するともにその中でも「保湿するために必要なのはこのライスパワー」を解説しています。

ライスパワーの種類

ライスパワーの種類を知る前に

現在確認されているライスパワーは全部で36種類。

そのうち12個が私たちが使えるよう商品に使用されています。

以下では、製品化されているライスパワーについて詳しく解説しています。

 

【有効成分】ライスパワーNo.11 (水分保持の改善)

乾燥肌を改善したいのであればライスパワーNo.11を使用するしかありません

その理由は、ライスパワーNo.11はセラミドを増やすことが認められているからです。

ライスパワーNo.11は日本で唯一乾燥肌改善について認められている成分

ライスパワーNo.11を使用する事によりセラミドを生産する肌を手に入れることができます。

セラミドが増えればスカスカの肌を埋めるセラミド(セラミドバリア)により肌の内側の水分を逃しません。
本来保湿は足すのではなく、水分を逃さないということが一番効率が良いのです。

seramidoko1-e1560256940374 ライスパワーの種類の違いは?保湿するために必要なのはこのライスパワー

水分を足すのでは無く、人間が本来持っている水分のみでしっかりと潤うことができるのがポイント。
逆にセラミドがなければ、いくら水分を足したところで肌の隙間から水分が蒸発してしまいます。

保湿をしたいのであればライスパワーNo.11を使用する事がおすすめ。

ライスパワーNo.11のおすすめ商品はコレ!

seramidoko1-e1560256940374 ライスパワーの種類の違いは?保湿するために必要なのはこのライスパワー

ライスパワーNo.11が使用されているならライースリペア

ライースリペアは、改良したライスパワーNo.11を含んでいるので、従来のライスパワーよりも何倍もセラミドを実感する事ができます。

 

 

【有効成分】ライスパワーNo.6 (皮脂の過剰分泌抑制)

このライスパワーも有効成分として認められています。

ライスパワーNo.6がおすすめな人は皮脂の分泌が多い方

皮脂の分泌が多いと顔がベトベトになってしまいます。
さらに、ニキビ肌の方は例外なく皮脂に悩まされている事でしょう。

そういった方はライスパワーはNo.6がおすすめ。

ライスパワーはNo.6なら、常に油とりがみを持って顔をケアする必要がありません。
また、お出かけ中に顔のベトベトが気にならなくなるのです。

ライスパワーNo.6のおすすめ商品はコレ!

ライスパワーNo.6なら「ライースクリアセラムNO.6」がおすすめです。

seramidoko1-e1560256940374 ライスパワーの種類の違いは?保湿するために必要なのはこのライスパワー

この商品は日本で初めて認可されたライスパワーはNo.6を含んでいる美容液。
その効果は、過剰な皮脂の分泌を抑制ことにあります。

ニキビ肌は油を拭き取るのも洗うのも痛いですよね。

そんな時は「ライースクリアセラムNO.6」を使ってみてください。
皮脂の分泌を抑えるので、痛い顔のケアから解放されます。

トライアルセットは1000円なので、誰でも手が届く価格なのがうれしいです。

 

 

 

ライスパワーNo.1 (皮膚の健康を保つ)

肌にはセラミドがあり、このセラミドにより水分を逃がさなくしたり、外からの刺激を守ったりします。

ですがセラミドは、洗顔やお風呂など外から与えられた水分に当てられてしまうと、流れ出てしまうという性質というのが唯一のデメリット。

あなたの肌がセラミドをたくさん生産しているのであれば、すぐにセラミドの量が戻りますので問題ありませんが、多くの方はそんなことありません。

そこでライスパワーNo.1を使用する事により、肌の一番外側の層を保護する事ができます。
そうする事によりセラミドは外に流れ出なくなるのです。

これがライスパワーNo.1の用途。

ライスパワーNo.1は洗顔フォームやボディソープ、日焼け止めなど様々な商品に使用されています。

 

 

ライスパワーNo.2 (肌の汚れを落とす)

ライスパワーNo.2の性質は、汚れを強力に落とすということが挙げられます。

強力に汚れを落とさなければならない場合は、そう、クレンジングやメイク落とし。

ですから、ライスパワーNo.2はクレンジングやメイク落としによく使用されています。

ただし、強力なクレンジングであればたくさん存在しているので、わざわざライスパワーNo.2を使うは必要ありませんね。

ライスパワーNo.2は、強力な洗浄力を保ちつつも、肌を守ることができるのが特徴です。

ですから、強力かつ優しくクレンジングをしたいのであればライスパワーNo.2配合のメイク落としやクレンジングを使用する事がおすすめ。

 

ライスパワーNo.3 (肌うるおいを逃さず洗う)

ライスパワーNo.2は「強力かつ優しく洗う」でした。
ライスパワーNo.3は「潤いを保ちながら洗う」という特徴があります。

その特徴から、石鹸に使用されることが多いです。

潤いが少ないアトピー体質の方などは、ライスパワーNo.3の石鹸を使用するのがおすすめ。

 

 

ライスパワーNo.7 (皮脂バランスを保ち乾燥予防)

人間が生産する天然のバリアといえば皮脂。

天然物薬用研究会によればライスパワーNo.7は皮脂の分泌を増やすとされているので、肌に油分が少なくカサカサ肌の方におすすめのライスパワー。

肌に油分が少なければ、潤滑油が少ないということになり、それは毎日のメイクでも大きなダメージを与えてしまいます。
ダメージが加わればセラミドは失われますし、色素沈着もしてしまいます。

そこで皮脂の分泌を促すライスパワーNo.7。

カサカサで油分が少ない方にライスパワーNo.7はおすすめ。

 

 

ライスパワーNo.10 (皮脂バランスを保つ)

さきほど有効成分であるライスパワーNo.6の効能として皮脂の分泌を抑える説明しました。

ライスパワーNo.10も同様に皮脂の分泌を抑えてくれる効果があります。

ただし、ライスパワーNo.6よりも効果は弱くなります。

ですから、皮脂の過剰分泌を抑えるためには有効成分であるライスパワーNo.6の使用がおすすめ。

 

 

ライスパワーNo.23 (美白)

ライスパワーNo.23は美白を目的とした美容液に多く使用されています。

ライスパワーNo.23を使用する事で、作り出された美白成分ではなくて人間が本来持っている美白力を引き出すことができるのです。

メラニンの生成を抑え、くすみのない綺麗な肌を作り出すことができます。

 

 

ライスパワーNo.101(胃の保護)

今までの美容化粧品に使用されていたライスパワーとは打って変わって、ライスパワーNo.101は胃を守ることができます。
ですから、飲用としてよく使用されます。

  • 喫煙
  • ストレス
  • 塩分
  • 胸焼け

ライスパワーNo.101は、これらの症状の原因である胃酸を抑えるためによく使用されるライスパワーです。

 

 

ライスパワーNo.103(飲んで潤う)

こちらも飲用としてよく使用されるライスパワー。

基本的にヒアルロン酸やコラーゲンは経口摂取しても、吸収されづらい成分なのでほとんど意味ありません。

その点ライスパワーNo.103は体内に正常に吸収されるため、内側から潤うようになるのです。

飲むヒアルロン酸を使っている人は今すぐやめましょう(笑)
それ、吸収されてませんよ。

飲用するならライスパワーNo.103が配合されているドリンクがおすすめ。

 

 

ライスパワーNo.1-D(優しく肌を洗浄)

ライスパワーNo.1-Dは、肌をやさしく洗浄することができます。

ライスパワーNo.2の場合は強力な洗浄力があるためクレンジングに使用。

ライスパワーエキスNo.1-Dの場合は優しく洗浄するため、アトピーケア商品によく使用されています

肌の潤いを逃さず洗うことができるライスパワーNo.3と合わせて使用されることが多いです。

合わせて使うことにより、肌の潤いを逃さず優しく洗うことができるようになります。

 

ライスパワーNo.1-E (髪と地肌を健康に)

文字通りシャンプーやリンスによく配合されているライスパワー。

科学的に作られた成分ではなくライスパワーが使用されたシャンプーやリンスにする事で、ナチュラルに髪と地肌をダメージから守ることができます。

化学成分が肌に合わないという方は、ぜひライスパワーNo.1-Eが使用されているシャンプーやリンスに変更してみてください。

 

保湿するならライスパワーNo.11

ライスパワーにはいろいろな種類がありましたが、肌の保湿をするのであればライスパワーNo.11がおすすめ

上記で説明したようにライスパワーNo.11であれば、肌がセラミドを生産するようになるからです。

歳を重ねるにつれセラミドが少なくなり、キメが悪く見た目の悪い肌となってしまいます。
それだけではなく、セラミドという肌の隙間を埋める成分がなくなってしまうためスカスカの状態。

seramidoko1-e1560256940374 ライスパワーの種類の違いは?保湿するために必要なのはこのライスパワー

そこでライスパワーNo.11を使用する事により、肌がセラミドを生産しスカスカな肌を埋めることができるので、水分が蒸発しなくなるのです。
またセラミドたっぷりな肌は、水分たっぷりだだけではなく、キメの整った肌になるので見た目も非常に綺麗になります。

ですから、保湿するのに最適なライスパワーは有効成分であるライスパワーNo.11おすすめなのです。

もちろんライスパワーNo.11は日本で唯一乾燥機能改善が認められている成分。

カサカサ肌なら使わない手はないですよね。

 

ライスパワーNo.11の化粧水ならライースリペア

seramidoko1-e1560256940374 ライスパワーの種類の違いは?保湿するために必要なのはこのライスパワー

ライスパワーNo.11を含んでいる化粧水は世にたくさん出回っています。

ですから自分で選ぶにしてもなかなか基準が分かりませんよね。

そんな時は、勇心酒造が販売しているライースリペアを使用してみてください。

ライースリペアは、独自のライスパワーNo.11を配合しているため、他のどのライスパワーNo.11が配合されている化粧水よりも効果的。

独自の改良に成功しているのは、勇心酒造がお酒を販売している会社でもあり、お米のスペシャリストだからです。

ちなみに、化粧水ではなく乳液ではダメなのかと思うかもしれません。

たしかにライスパワーNo.11が配合されている乳液もありますが、乳液を使用するよりもまず化粧水を使うことがおすすめ。

その理由は皮脂という天然の油を分泌している上、乳液を使用したら過剰油分になってしまう可能性があるからです。
化粧水で物足りなければ乳液という順に使用するのがおすすめ。

お米のスペシャリストが作ったライスパワーNo.11。
そのライスパワーNo.11を含んでいるライースリペアを一度使用してみてください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA